トラリピを1か月運用してみて

トラリピ運用から1か月が過ぎました。 200万円を入金し、運用通貨ペアも4通貨ペアまで増え、利益も15000円くらいになりました。

私の設定では1通貨ペア当たり目安資金は100万なので、200万円ではなく、400万円はいるのでは?と思われるかもしれませんが、100万円必要になるのは仕掛けた価格帯の下限に達するタイミングで必要になる資金であり、かつ相関の高い通貨ペアを2セットくみあわせているので、同時にその状況に陥る確率はきわめて低くなっております。

したがって運用資金は半分の200万円でやってます(いつでも入金できるようにスタンバイはしています)。

さて、運用開始から約1か月が経過しました。バックテストや検証ではわからなかったことも、実際に運用してみて色々と見えてきましたので。それらを記事にして纏めておきたいと思います。

 Sponsored link

最初は取引がすくない

理屈ではわかっていたことですが、トラリピは運用開始時はポジションがなく、時間がたつにつれポジションを増やしていきます。ポジションが増えるというのは含み損を抱えた状態になることでもあります。

そして、その状態から相場が戻るときに最も利益が出ます。 もちろん相場によると思いますが。私の場合今のところ、まだそういう状況には至っておりません。

まだまだ今からどんどん含み損を抱えながらポジションを増やしていくという局面になっていくことも考えないといけません。

したがって、新たな通貨ペアを追加するときは慎重に行う必要があります。  

 

利幅は広げすぎない方がいい

4通貨ペアで運用しており、代替平均1つかペア当たり1日1回トレードがあるくらいと思っていたのですが、意外とトレードがなく、とても暇です(最初だからというのもありますが)。

また、バックテストをしてみると利幅を大きくとった方がリターンが良くなる傾向がありますが、あまり利幅を広く設定すると全然利確されないので、さらに物足りなく感じます。感覚的に最大でも1.0-1.5円くらいの利幅で抑えておいた方がいいように思います。

バックテストの記事でも言ってますが、ある程度の利幅(0.5円程度)を超えるとリターンの差は誤差の範囲内です。  

 

リターンはそれほど大きくない

運用してみてといいますか、これはバックテストでも分かってはいたことですが、リターンはそれほど多くありません。

他の資産運用のブログを見ているとすごいリターンを挙げている人もおり、それらと比べると非常に地味で、トラリピで給与所得を上回るくらい利益を上げようとすると莫大な資金が必要になります。

トラリピの強みは派手さはなくとも安定していることです。なので、地味にコツコツと稼ぐという気持ちでリスクを取りすぎないようにすることを意識しておくことが重要です。

 

含み益は意外と不安をあおられる

これは性格にもよると思いますが、含み損の抱えるというのが前提とわかっていても、実際の自分のお金で運用すると結構不安をあおられます。資金は多めで安全設定で運用した方がいいでしょう。  

特にヘタレな性格の私にはこたえます。

 

分散効果(同大陸の通貨ペアを採用)

今のところ分散効果は結構出ており、片方が下がれば片方が上がってといった具合にうまく相殺できている様に感じます。

ただ、対円の通貨ペアは大陸が異なっても動きが結構近いので、次はドル建ての通貨ペアを混ぜていきたいなと考えています。

例えば、AUD/JPYの買いとUSD/JPYの売りを運用してるので、次はAUD/USDの売りとか。ただし、今のAUD/USDは売りではなく買いレンジにあります。また、円についていうと、円高になると、ほぼ全通貨ペアで円高になります。

なので、3通貨間の相関とまでは考えず、2国間の通貨ペアで逆相関関係のペアを複数設置していく戦略で行こうと思います。  

 

他の運用との分散効果

このブログの趣旨とは少しずれてしまうのでが、私の主力の資産運用は株式ベースのインデックス投資です。

株式投資はインデックス投資であれ、個別銘柄であれ、相場全体の値動きになんだかんだで連動してしまいます。

つまり、日経平均などの株価指数が上がれば資産が増え、金融危機で株価指数が下がれば、私の資産も減ります。今ですとかなり資産は目減りしています。

しかしながら、トラリピは売りも買いも仕掛けられますので、株価と全く連動しません。

なので、株式投資と並行して運用し分散するにはちょうどいいと思いました。 個人のポートフォリオの1つの項目として使えると思います。    

 

トラリピについて

設定のためのツールのスマホ用のアプリも使いやすく、非常にユーザーのことを考えていると思います。また、らくトラ運用試算表は非常に便利です。エクセルでもできますが、Web上で簡単に試算できるのはありがたいです。

改善してほしいのは、注文中のトラリピの注文修正をできるようにしてほしいです。いったん設定し、ポジションを持つと、設定を変えることはできません。

新たな設定を仕掛けるか、保有中のポジションは手動で決算する必要があり、その時には手数料も発生します。

したがって、トラリピ運用開始に当たっては極力後で設定を変えなくて済むよう、よくよく検討したうえで開始した方が良いと思います。

 

最後に

そもそも私がトラリピに着目したのは、株式に偏りすぎた資産ポートフォリオの一部を他に分散することで、その意味では期待通りかなと思っています。

また、リスク管理に最新の注意を払いながら、コツコツ利益を上げるというスタイルは、小心者の私に非常に合ってるようにも思います。

まだ大きな含み損を抱える局面になってないので、しばらくはあまり通貨ペアを追加せず、今のままで様子見をしようと思います。

年明け位を目途にAUD/USD、NZD/USDを追加しようと思います。そのあと大分遅れてEUR/JPYを入れていったん完成でしょうかね。

これでだいたい月15万円くらいのリターンが期待できるようになる見込みです。

経済的自由とまではいきませんが、1人であれば最低限度の生活ができるようにはなりますね。 まずはそのあたりを目標に行きたいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ